会長挨拶

秋季リーグ戦開幕にあたり

愛知大学野球連盟

会長 末岡仁

 

秋のリーグ戦開幕にあたりひとことご挨拶を申し上げます。この春のリーグ戦におきましては、長引くコロナ禍ゆえ不安定な社会情勢によって振り回されることもありましたが、無事にリーグ戦を終えることができました。多くの制約の中、素晴らしい成績で優勝されました名城大学の皆様にお祝いを申し上げるとともに、ご理解ご協力をいただきましたすべての大学関係の皆様、協力関係企業の皆様にも心から感謝を申し上げます。

さて、この原稿を書いている今、東京オリンピックの開会式を間近に控え、多くの困難を乗り越えた末、この舞台に立つ世界中のトップアスリートが繰り広げる夢の祭典に対して期待に胸をふくらませるばかりです。特に大学関係の皆様におかれましては、現役の学生または同窓生が選手として活躍されるのであれば、尚のことと存じます。この2021年度秋季リーグ戦におきましても、選手の皆さんが日頃の練習の成果である個人の卓越した技能と緻密なチームプレーを通して、野球ができる喜びを力一杯表現することによって、観客の皆様を魅了し、長らく続くコロナ禍による暗いムードを終わりにするような光明になることを期待しています。

結びと致しますが、連盟の発展は選手の皆さんが人間的な成長を遂げ、将来社会で活躍をすることに他なりません。チームスポーツである野球を通じて、仲間との協調性、全力で取り組む強い精神、礼儀作法、瞬時の判断力、机上の学問だけでは得ることのできない貴重なトレーニングを積んでいただいて、選手の皆さんが大いに飛躍されることを祈念に申し上げご挨拶と致します。